プロキシーファイトとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

プロキシーファイト

コンテンツ

プロキシ―ファイトとは、委任状争奪戦のこととなります。企業では投資ファンドなどによって株式の買い占めが進んでいくと、M&Aや会社売却を迫られる場合が出てきます。通常は企業の重要な議題は、株式総会で株主が議決権を行使して決められることになります。しかし、企業と敵対している投資ファンドなどの提案においては、株式総会の前に多くの株主から委任状を受けておく多数派工作が行われるようになってきます。企業が株主からの委任状を受け取ることで、その株式の議決権を譲り受けることに繋がります。企業においては、敵対的な買収などを仕掛けられた場合にはプロキシーファイトが行われて、株式総会の前まで委任状を集める作業が進められて株主総会で多数の議決権を取るようにしています。

お役立ち情報

日本では有名な出版会社が気が付いた時にはファンドに株式をかなり買い集められていて、経営者の交代といった議題でプロキシーファイトをしたことがあります。外資系のファンドの中には株式を半数近くまでを株式市場で購入することで、会社の意思に関係なくM&Aをしてしまったり、会社売却をして短期的な利益を得ようとするところがあります。そのような投資ファンドから会社を守るためには、委任状を予め半数以上集める必要が出てきます。日本の出版会社では委任状集めを株主総会の直前まで交渉して、ようやく半数以上の議決権を得て会社を手放すことを回避したことがあります。その後、その出版会社はMBOを行って上場廃止の措置が取られています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る