プレパッケージ型民事再生とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

プレパッケージ型民事再生

コンテンツ

企業再生の方法として用いられているものに、民事再生法などによる法的な処理と、会社売却などの方法があります。これらの方法で事業を再生させる前に、サポート役を担う企業や事業の譲渡が決まっている状態は、企業の再生も容易になります。この形態はプレパッケージ型民事再生としても知られているものです。
このプレパッケージ型民事再生という状況は、M&Aの中でもスポンサーとなる企業が決まっているために、通常の民事再生とは異なり、数多くの特徴があるのです。
この形態ではスポンサーを決めた上で法的な処理が行われる事が特徴で、支援する企業が事前に決まっている事により、事業の業務についての質を落す事無く、そのまま円滑に業務を続行する事が可能になります。

お役立ち情報

又、このプレパッケージ型民事再生とは、複数の企業の中からスポンサーを選びます。その為、契約内容が、会社側に不利な内容となることが少なく、企業の建て直しには最適な形態となっています。
そして、プレパッケージ型民事再生はスポンサーの選出において、第三者敵立場の意見が用いられる事も特徴で、契約を履行していくうえで客観的な意見が反映され、事業が円滑に進みやすいという性質があります。
この民事再生とは事業の円滑な再生を目的としており、事業の再生のためには会社売却などにおいて早期の着手が必要となり、そのためには、スポンサーとなる企業の支援体制が確立されていることが重要になります。このようなM&Aの場合は、必要な条件を満たしているスポンサーを選ぶことで、より効率の良い事業の再生となるのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る