プライベタイゼーションとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

プライベタイゼーション

コンテンツ

M&Aの買収対策の1つとしてとして、プライベタイゼーションがあります。プライベタイゼーションとは、上場企業が上場を廃止し、株を非公開にすることを言います。欧米ではゴーイング・プライベートとも言いますが、プライベタイゼーションすることによって、敵対的買収のターゲットとなることを防ぎます。上場することによるメリットを放棄してまで、敵対的買収を防止するわけですから、プライベタイゼーションは究極の敵対的買収予防策と言えるでしょう。ただ資金的に安定してる企業であれば、上場廃止することによって、金融商品取引法上義務付けられている法定開示などの法的義務が無くなったり、IRコストや上場コストなどを削減することができるなどのメリットもあります。

お役立ち情報

M&Aの敵対的買収対策としてプライベタイゼーションを行う場合、その方法にはいくつかあります。多いのは発行済みの自社株を自社で大量に購入して、その多くを金庫株としてしまう方法です。これにより、他者から自社株を大量に買われる心配が無くなります。また、ペーパーカンパニーを設立して株式を大量に買取る方法もあります。この際TOB(株式公開買付け)の方法をとり、市場外で買取ってしまい、結果的に自社を上場を廃止します。プライベタイゼーションをするにあたって、自社株をすべて買取る必要はありませんが、経営権を100パーセント掌握するために少数株主を排除する場合が多く、実際に日本国内の大手企業でも、プライベタイゼーションにより非上場化している企業は少なくありません。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る