PMIとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

PMI

コンテンツ

PMIとは、購買担当者景気指数のことを示し、製造業において景気の動向を探る判断材料として注目が集められています。この指数は、M&A(企業の合併・買収)にも影響をおよぼすものとされ、経営面での抜本的な立て直しをはかることになります。とくに、Purchasing Managerにあたる購入担当者は、取引先のさまざまな事象を見極めたうえで購入に移すため、ほかの社員と比べて景況に敏感なものと捉えています。そのため、取引先のPMIが高いと将来性が高いものと判断され、対なる受注先の将来性が約束されたものと認識されます。このような取り組みは、各国の経済指標として活用されており、各業界内でも目が離せない情勢が見てとれます。

お役立ち情報

PMIにならった経済指標は、アメリカやユーロ圏の諸国でも見られており、「製造業景気指数」として捉えています。これらはどれも、各国における景気に左右されるもので、マーケットの分野ではとりわけ重要度の高いものとして扱われます。また、企業間で締結されるM&Aでは、経営不振による企業の救済だけでなく、事業の統合や新規事業の参入などを視野に入れた取り組みが行われることになります。このような取り組みには、シナジー効果によって得られる相乗的な利益が期待されることになり、統合される企業の価値と成長の度合いを推し量ることが求められます。よって、PMIによる基準には、対象の企業が有望視されるバロメーターとして、今後も活用される傾向が続くものとされます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る