PBRとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

PBR

コンテンツ

PBR(price book-value ratio)とは、日本名で「株価純資産倍率」といいます。
このPBRは、一株あたり純資産額に対する株価の倍率(状況)を測る指標で、以下の数式によって算定されます。
【株価純資産倍率 = 株価 ÷ 一株あたり純資産額】
ここでいう株価は、会社の時価を表しており、一株あたり純資産額は、一株あたりの資産価値を表しております。一株あたりお資産価値はあくまで、決算期毎、四半期毎の決算数値を利用して算定されます。そのため、会社の決算書に重大な粉飾があり、本来の純資産が大きく毀損している虞もあります。
そのため、M&A時にPBRをだけをもって会社の状態を判断することは適切ではありません。様々な指標を利用して会社の状況を判断するように努めてください。
また、会社売却時には買手は必ずPBRを算定しますので、売り手側もこの指標がどのように算定されるか、どうしてこの数値となったのか十分に説明することが求められます。

お役立ち情報

このPBRは、株価の状況を判定する情報として株価収益率(PER)と共に重要視される指標のひとつです。

一般的にこのPBRが1倍のときに株価が解散価値と等しいと言われ、1倍を下回ると割安と判断されます。

これは、PBRが1倍を切るということは、現在の株価よりも現在の資産価値のほうが高いということであるためです。

例えば、当該指標が0.8倍である会社があるとします。
この場合、出資者は80円出資すると、100円の資産価値を手に入れるということとなります。

この指標はM&Aを実行する場合に必ず算定される指標の一つです。

会社売却を考える際に買手の提示額の妥当性を判断する場合にも役に立ちます。

買手の提示した金額がPBRを1倍と下回っている場合には、不当に低い金額を提示されている可能性もあります。

このように当該指標は会社の売り手、買い手ともに利用できる指標でので、十分に内容を理解するようにしてください。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る