Out-inとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

Out-in

コンテンツ

M&A(企業買収や合併)においてOut-inという言葉が使われますが、このOut-inがどのような意味を持つかと言えば、Outは海外企業、inは国内企業と言う意味で、海外企業によって日本の企業が買収されるという意味です。
自動車メーカーに例えて説明してみると、日本は自動車製造において素晴らしい発展を遂げましたが、先進国のどこもが問題を抱える少子高齢化問題が他ならぬ日本も背負っており、国際競争力を付けてグローバル化しなくては、国内の需要のみで生き抜いていくことが出来ず、かと言ってバブル期に構築した生産ラインを維持することが難しくなれば、自社より大きな企業にM&Aを持ちかけ会社売却を図るしか道がありません。
その場合に国内企業よりも海外企業に合併を持ちかけ、企業名を残す方針を選ぶでしょう。

お役立ち情報

Out-inの逆にin-Outのように日本企業が海外企業を買収するケースも多く、これはバブル期に多く見られました。
最近ではin-Outは通信関連やIT関連の企業に多く見られることで、製造業などの場合、会社売却する企業の資産を引き継ぐことがあるため、リスクが大きいと考える場合もあります。
Out-inのM&Aの場合でも同様のことが言え、会社売却となる日本企業は不動産や人員面でリストラの敢行を余儀なくされ、売却側に大きな犠牲が生じることが必然化します。
大前提として合併後の新体制として経営がスタートすることで、経営危機を回避することが出来るのですが、収益性が高くならねばいけないため、FAの仲介によるしっかりとしたOut-inを進める必要があります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る