オーバーアロットメントとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

オーバーアロットメント

コンテンツ

企業などが実施する公募などにおいて業界用語が存在します。その1つとしてオーバーアロットメントがあります。最近ではM&Aでも扱われています。オーバーアロットメントとは、各企業が、公募や売出しを行う際に、予定していた量以上の需要があった場合などに、主幹事証券会社が対象企業の株主等から一時的に株券を借りて、公募・売出しと同一条件で追加的に投資家に販売することを言います。取引内容によって2種類の取引方法があり、それぞれに用語が定められています。また、需要が予定を超過していた場合のみに適用されるので、需要が予定を下回った場合には、オーバーアロットメントは実施されません。また、その後の取引名称として、グリーンシューオプションとシンジケートカバー取引があります。

お役立ち情報

オーバーアロットメントは各企業が出す公募の際に、需要が超過した時に実施する一時的な株券の貸借を指すものであり、M&A辞典にも載っている言葉です。オーバーアロットメントの後に、株券を返却する際には2つの方法があります。まずは、グリーンシューオプションです。これは、一時的に保有していた株券に利益が生じた場合には、返還すると保有していた会社にとっては不利益になってしまうので、その際にコールオプションを行使して、不利益が生じない期間まで返還を待って返還することになります。もう1つがシンジケートカバー取引があります。これは、保有している株券が相手にとって不利益を生じている状況で利用する方法です。この場合には、コールオプションを行使せずに、利益を回収する形で返還します。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る