入札方式とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

入札方式

コンテンツ

M&A(会社売却)における入札方式というのは進行方法の1つでもあります。売却案件に対して、複数の買収を希望している会社がいた場合には、買収希望会社が入札によって一番いい条件を出した会社を最終的には買収会社にして決定するという方法です。

入札方式にした場合の条件は買収金額も条件としてかかわってきますが、それ以外にスキーム、買収後の経営方針なども選考をする際の対象になりますので、必ずしも最高額の金額を提示している希望会社が落札できるとは限りません。

しかしながら一般的には相対方式と比較すると値段は高いので決着がつきやすいのが特徴です。オークション、競売、コンペ、ビッド方式と呼ぶこともあります。複数買取希望会社が現れた場合に行われる方法です。

お役立ち情報

M&A(会社売却)において入札方式を導入した場合、オークションとは少し違っています。一般的なオークションの場合は条件は買収金額だけが左右すると思いますから高値をつければそれで勝ち取ることができるのが特徴です。

しかし入札方式は、スキームもかかわってきますし買収後の経営方針も見た上で選ばれますので、オークションとは少し違っているのです。売る側からしてみれば複数の買取希望の会社から金額を提示してもらえるということはそれだけ比較検討をするのがしやすいメリットもあります。しかしその一方でどうしても買取金額の提示のみで買収してもらう会社を選んでしまう傾向にありますので、その会社との相性を考えなかったり、買収されてからの経営方針やビジョンを見落とす可能性もあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る