ノックイン条項とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ノックイン条項

コンテンツ

M&Aに置いて、通常のオプションのことをバニラオプションといいます。それに特殊な条件を加えたオプションについては、エキゾチックオプションといい、様々な種類が存在しています。その種類とは、ノックインオプションとノックアウトオプションです。この用語は金融取引における用語としても用いられ、共通性が見られます。これらは全て権利の行使に係るオプションとなります。ノックイン条項とは、原資産がある一定の価格に達した際に、権利が発生し、その権利の行使が認められる条項です。この権利を行使するためには、原資産が一定の価格に達するという要件を満たす必要があります。オプションの権利は、ここで初めて発生することが理解できます。

お役立ち情報

M&Aにおけるノックイン条項は、エキゾチックオプションの内のバリアーオプションに含まれるオプションの一つです。株取引においては、特殊な条件を付加することが認められており、ノックインオプションの場合には、原資産がある一定の価格に達することによって権利者の権利が自動的に発生し、その時点で権利の行使が認められるのです。逆に言えば、ノックイン条項が付加されている株取引においては、原資産がある一定の価格に達しない場合においては、一切の権利が発生せず、行使することができないという縛りが設けられていることと等しいため、不慣れな場合は注意が必要です。M&Aにおいては株式の価値が買収する会社の価値に大きな影響を与えます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る