のれん(営業権)とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

のれん(営業権)

コンテンツ

「のれん」とは、一般的に営業権のことを指します。営業権は、具体的には老舗としてのブランドや名声、技術や営業上の秘訣やノウハウ、得意先や仕入先といった取引先、従業員の質と経営組織、金融力や政治的特権、立地などの地理的条件といったその企業しか持ちえない固有の資産で法律上、無形固定資産に位置づけられています。また営業権には、タクシー会社のナンバー権、許可漁業の出漁権などのように法人税法上の官公庁の登録、許認可に基ずく権利も営業権に含まれます。このようにのれんはノウハウや技術といった無形のリソースであるため、原則として資産計上の対象になりませんが、M&Aなどにより会社売却する場合や個人事業主が法人化のため会社設立するときに事業譲渡する場合などは例外として営業権勘定を用いて資産計上することが出来ます。

お役立ち情報

M&Aによる企業買収の場合、のれん代がどれくらいかという話をよく耳にします。さきに述べた通り、営業権は無形固定資産であるため、自社で何百万円という風に決めることが出来ません。なので、営業権が具体的金額として示されるのは、企業買収や合併、事業譲渡のときなどの限られた場合だけになります。営業権の取得原価の算出方法は、取得価額から企業の純資産額を引いたものになります。純資産額は資産総額から負債総額を引いたものです。たとえば、1億円で企業を買収した場合、その企業の純資産額が8千万円だったとすると、その差額の2千万円が会社売却した企業の方の「のれんの価格」ということになります。逆に純資産額が1億円なら、その企業の、のれん代は0円であるといえます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る