ノンネームシートとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ノンネームシート

コンテンツ

ノンネームシートとは、M&Aによる会社売却において、売却対象となる会社や事業についての概要書です。具体的には、業種や売上、利益、そして売却価格などの買収スキームがまとめられています。ただし、その名の通り匿名となっており、それらの買収スキームだけでは、対象企業が特定できない程度の情報しか開示していません。これは売却対象をわからないようにさせることで、逆に注意を引こうとするティーザー広告のようなものであり、M&A仲介業者が候補先へ打診するときなどに用いられます。もしその候補先がノンネームシートの情報に関心を持った場合は、さらに具体的な情報を開示します。その際、機密保持契約を締結し、口外しない約束を交わします。

お役立ち情報

ノンネームシートを見る際には、確認しなければならないいくつかのポイントがあります。まずは所在地です。もし千葉県と書かれてあった場合、千葉県で事業を展開したいと思っていなければ、当然候補地から除外されることになります。また、最寄りの駅や駅までの距離などの立地条件も確認します。次に、どのような事業を行っているのか確認します。事業の特徴やその会社の強みなどを確認します。また、社員についても確認する必要があります。M&Aで会社売却された場合、社員は原則的に引き継ぐことになるからです。社員は貴重な戦力ですので、正社員、アルバイトなどの割合も確認する必要があります。その他にも、どれだけの収益があるのか、いくらで売却されているのかなどの重要項目を確認します。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る