ノンネームとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

ノンネーム

コンテンツ

ノンネームとはM&Aや会社売却の際に使用される用語の一つであり、譲渡する企業を特定されないようにしつつも、買い手の候補となる企業にM&Aに対して関心があるかどうかということを確認するために使用される資料です。
「一枚もの」と呼ばれることもありますが、こう呼ばれた場合であっても内容に差異などはないと考えて良いでしょう。
これはあくまでもどの企業が売却されようとしているのかということを特定させずに関心濃霧を確認することが目的ですので、業種や地域、今後経営していくに当たって生まれるであろう利益額などのポイントに絞った情報のみを公開することとなります。
このノンネームを確認し、買い手候補になりたいという意思を表明した企業が現れた場合、秘密保持条約を締結し、ノンネームで打診した企業の名前などの開示、ネームクリアという工程に進むこととなります。

お役立ち情報

ノンネームは会社売却を考えつつも、その情報をなるべく外部に漏らしたくないという意図を持つ会社にとって必要不可欠なものとなります。
M&Aにおいては企業そのものに興味を持つかどうかという最も最初の段階で使用するものであるため、このノンネームに記載されている情報が不足していたりすると、スムーズな会社売却が実現できないリスクもあります。
特に会社売却を内密に行いたいという会社にとってはノンネームの資料であったとしても、どの企業の資料かということが特定されると、それだけで自社が会社売却を考えているという情報が流出することにも繋がりかねません。
ノンネームを作成するに当たっては買い手候補を見つけるためにどこまでの情報を公開する必要があるか、またどこまでの情報なら特定を避けることが出来るかというバランスの判断が非常に重要となります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る