NDAとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

NDA

コンテンツ

NDAとは、Non Disclosure Agreementの略で、秘密保持契約の事を言います。
別名CA、Confidentiality Agreementとも言われています。
企業間で取引を行う際に先端技術やビジネス手法、営業や個人情報等の経営上重要項目や秘密を第三者に漏らさない為に結ぶ契約です。
主に会社売却やM&Aの際に、相手方の企業または仲介会社と締結する際や企業と従業員の間で結ばれる事もあります。
書面として作成され、機密保持条項を単独の契約書にしたもので、相手に秘密を保持させる抑止的効果や秘密が保持される為の安全管理措置、秘密が漏洩した際の対処方法、損害賠償に関する規定を目的として適切な管理を行います。

お役立ち情報

会社売却やM&A等の際、企業間取引等の為に互いの秘密情報を開示する場合、情報を外部に漏らさない為にNDA契約を結びますが、安易に目的や必要性の検証を行わずに締結する事は、大きなリスクとなる場合があります。
また、秘密保持契約書の文面や内容を厳しくすれば秘密が守られるものではなく、実際に誰がどのような方法で秘密情報を管理し、チェック体制と万が一の際の対処方法等を明確化する事が重要です。
その為には事業や経営目標等、何の為に行うかと言う目的を明確にする事からはじめます。
次に相手先との関係の目的や価値を引き出す事が出来るか、中長期的にお互いが共に利得を得られる関係を構築出来るかを検討したうえで、相手先を選定を行います。
相手先との信頼感が出来たと感じこれから先、詳細な検討・討議に入る時点で必要だと判断し、ようやくNDAを締結します。
しかし、NDAだけでは情報を守りきれないと理解したうえで、提供する情報の範囲をコントロールし、自社の秘密情報管理を徹底する事で、明確なNDAを作成、締結しましょう。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る