無リスク利子率とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

無リスク利子率

コンテンツ

M&A用語の無リスク利子率はリスクフリーレートとも言われているのですが、理論的にリスクが0または最小限に抑えられているリスクがない資産から得ることができる利回りのことです。リスクフリー商品からの利回りということになります。元利金の支払いが必ず保証されている預貯金、インターバンクの短期金融商品や国際といった金融商品の利回りなどが無リスク金利の対象となります。

無リスク金利は一般的にはインターバンクレート、国債の利回りのことをいうことが多いです。無リスク金利は割引率を計算するときにも使用します。割引率は、将来の価値を現在の価値に変換するときに使われる利率のことでこれは無リスク金利にリスクプレミアムも加えています。

お役立ち情報

投資信託の運用成績ではパフォーマンス評価をしますが、こおでは無リスク利子率を上回る投資収益率を上げることができたかどうかを超過リターンという名前で測定することもあります。これは投資した元本が保証されていない商品への投資の際に、その期待収益率が、無リスク利率を上回っていない場合には、もともとリスクをとる意味がないという考え方ができるのです。

M&Aにおける無リスク利子率は安全利子率と呼ばれたりもします。無リスク利子率は銀行預金のことをいったり、郵便貯金などの利回りもその対象になりますが、実際は10年ものの日本国債の利回りで無リスク利子率を使うことが多いでしょう。リスクを伴わない資産から受け取ることができる利子の利率ですので投資で得る利率とは違います。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る