無議決権株式とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

無議決権株式

コンテンツ

無議決権株式とは、株主総会において議決権を行使することが出来ない株式のことを指します。優先株と言われる、利益配当や残余財産の分配などについて、普通株より優先的地位を認められる株式の一種で、株式持分比率に左右されず議決権比率を同一にしたい場合などに、持分比率の高い方の株式の一部を無議決権株式とすることがあります。これは、株式保有率により株主総会で優先的に議決権を保有した場合に保有率の多い株主が経営を左右することなく、経営者が公正な株主の判断を得られることで自由で健全な経営を行うために必要な制度です。実際には銀行など資金提供率が多い株主に適用される場合が多く、またM&Aや会社売却を利用して利益を上げようとする、利益主義で経営を脅かす企業ブローカー対策としても利用されています。

お役立ち情報

不当なM&Aや会社売却から企業の健全な経営や強固なコンポライアンスを維持するためには、一部の利益主義の株主や乗っ取りなどを企むブローカーなどに議決権を渡さないことが肝要です。しかし、株主総会の議決権が株主の株式保有率で決まる現行の株式会社制度においては、株式の保有率が多い株主が事実上企業の経営決定権を保有してしまいます。このため、経営者は自由な経営が出来ずに、大株主の顔色を窺うような経営になってしまいがちです。これを避けるため、無議決権株式などの制度を適用し、自由な経営を行うと同時に、配当額を増やしたりなどのメリットを無議決権株式に付加することで、会社に対しての投資を増やしたりすることが多いのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る