持株会社とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

持株会社

コンテンツ

企業ではグローバル化が進み、経営スピードの早さが求められる時代となってきています。そこで、上場会社の多くでは持株会社へ移行をしています。持株会社は、事業体別などの子会社が複数集まって形成される仕組みです。事業体別や海外の地域ごとにそれぞれが一つの会社として成り立っているために独自の経営が可能となり、スピード感のある意思決定が可能となってきます。持株会社になるとM&Aをした会社においても、既存の会社と同列に扱われる利点がでてきます。なお、持株会社には本社機能のある部署が多くの子会社の上に存在することが出てきます。しかし、本社ではそれぞれの子会社に細かい指示は出さずに、大まかな方針だけを示すことが多くなっています。

お役立ち情報

日本の企業では、グローバルに展開をするところが増えています。以前からある日本の本社と海外の支社という関係では、今は対応が難しくなってきている状況があります。海外事業では現地に合わせた商品開発などを速やかに進めることが重要だからです。そこで、日本の企業においても、持株会社へ移行する流れが強まりました。持株会社になるとアジアやヨーロッパ、アメリカなどに個々に会社が存在するようになります。その結果として現地化をした商品開発のスピードが上がり、他のグローバル企業と互角に競争できる体制ができつつあります。海外においては、地域別に現地企業をM&Aをして持株会社に加える流れも加速しています。現地企業と協業をすることで、さらに現地の人が求める商品開発を進めることが可能となっています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る