持分法とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

持分法

コンテンツ

持分法とは会計方法の一つで、関連会社や非連結子会社の状況を財務諸表に反映させるためのものです。議決権の比率が20%以上50%未満の関連会社や非連結子会社のことを持分法適用会社と呼びます。投資有価証券の勘定項目に対して持分法適用会社の損益を反映させることによって財務諸表を作成します。連結子会社の場合の手続きよりも簡易的に反映させることができるという特徴があります。財務諸表全体を書き換えずに、一部分だけを修正することによってグループ全体の損益を反映することができますから、会社売却を行ったり、あるいはM&Aを行ったりするときには、全体を大きく変化させることなく反映できることによるメリットは大きいと言えるでしょう。

お役立ち情報

持分法適用会社ではなくて完全連結会社の場合には、財務諸表を合算するという方法がとられます。これによって、一つの財務諸表の中に全てが組み込まれることになります。ずっとその状態が続くのであれば問題はないのですが、会社売却やM&Aを行った場合には、全体としての財務諸表が大きく変化することになります。それに特に問題があるわけではないのですが、経年で財務諸表を比較するときには比較しにくくなります。持分法を適用して一部分だけを修正すれば、全体を変えることなく反映させることができるというメリットがあるのです。ただし、連結財務諸表を作成した場合と、純資産や損益は同じになりますから、一つの期だけを見る場合には、違いはないと言えるでしょう。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る