メイン寄せとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

メイン寄せ

コンテンツ

企業は、さまざまな活動を進めていますが、重要な活動の1つに、M&Aがあります。M&Aを行う場合には、メイン寄せについて理解しておかなければなりません。メイン寄せとは、ある企業のメインではない銀行が融資を行うことについて、消極的な姿勢を取るようになることで、メインの銀行の融資比率が上昇していくことを指しています。また、私的整理を行う場合のメイン寄せというのは、再生企業のメインバンクが他の債権者の分についても負担をすることです。私的整理でメイン寄せを利用する場合、メインではない銀行が、メインバンクに対して大きな負担を求めるようになるため、再生計画を実行に移すことが困難になってしまう可能性も出てきます。

お役立ち情報

企業の活動には、銀行と関わり合いが欠かせません。たいていの企業は、1つの銀行だけと取り引きをしているわけではなく、状況に応じて、複数の銀行との取り引きを行うようにしています。取り引きの金額などが大きい銀行を、メインバンクとして、他の銀行をサブバンクなどと呼んでいます。

企業の活動では、メイン寄せなどの用語が重要になります。メイン寄せというのは、主にM&Aを行う場合に活用されるものです。メイン寄せは、メインバンクの融資比率を高めていくことになるので、有効に活用されています。ただ、私的整理を行う際のメイン寄せは、メインバンクの責任負担が高まってしまうことがあり、スムーズな再生計画につながらないおそれがあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る