名義株とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

名義株

コンテンツ

名義株とは、株主名簿に記載されている株主と、実質的な真の株主とが異なっている状況にあるか株式を指します。
名義上の株主と真の株主との間に合意がある場合にのみ、行なうことが出来ます。
この状況下では、本当の株主が誰なのか、外部の目からではわかりにくいといったことにもなります。
特に、非上場株においては問題になる可能性が高くなります。
上場株は公開されている状況にあるのでわかりやすいのですが、非上場株はそういうわけにもいきません。
会社売却やM&Aを行なう際には、今まで非公開にあった株式を公開するといった可能性もあります。
そのときは、名義株の仕組みを明確にしておく必要があります。
そのようなこともあるので、名義株の扱いには注意するようにしましょう。

お役立ち情報

名義株は、実際には現在の会社法においては必要の無いものなのです。
以前の会社法において、会社を設立する際には複数の人物の名義が必要であったため利用されていたのです。
実際に会社運営には関係しないが、名前だけを貸しておいて、会社設立の手伝いをするという状況が存在していたのです。
しかし、このような状況も現在ではなくなり、名義株を用意する必要がなくなりました。
しかい、このような状況下で設立し、現在も存在している会社はもちろんあります。
このような会社では、名義株が存在しており、設立されて長くない会社との齟齬が発生することがあるのです。
特に、会社売却やM&Aなどで新興の会社と合併するなどのことになれば、名義株は問題となってくる事があります。
そのようなことにも、対応できるようにしておく必要があるといえます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る