MBOとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

MBO

コンテンツ

少子高齢化が進む日本が、先進国として今後どのように国際競争力を乗り切るかは、国際競争力に打ち勝つ企業としての力をつけなければいけません。
そのため、今まで何度も企業の合併や買収が行なわれてきました。
銀行をはじめとする金融機関などでは、最も早く行なわれていたのですが、他でもM&A(mergers and acquisitions)を行い国際競争力に打ち勝つ考えを持つ企業が多くなりました。
M&Aには敵対的買収と友好的な買収の両方の側面がありますが、合併や統合する場合に両社の思惑と買収(会社売却)される企業の現状がどのような状態であるかによります。
企業を統合する場合に、一時、事業を拡大しすぎた企業が分社化し、1つのジャンルに多くの企業がグループ(子会社)として傘下経営していることがあります。
このような場合にMBOという方法が採られます。

お役立ち情報

MBO(Management Buyout)とはM&Aとしての会社売却の枠の中の1つの方法としてありますが、MBOが増えてきた原因として一番ににあげられることは、景気の低迷で資産規模が増大しすぎて、それを維持することが難しく、規模が大きな割に収益性が低い企業が目立ち、経営者がこれを用いるように考えたと解釈できます。
子会社を他の企業に買収されないように吸収し、その企業が所有する発行株式を買取る方法が一般的に多く、統合した際に株式上場していた企業が、合併時に株の買取りを進め、株式市場非上場化することもあります。
これは、上場することで多くのIRコストが掛かることを避ける目的と経営陣をはじめとする株の所有者に十分な利益を確保させる目的として用いられます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る