マネジメントバイアウトとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

マネジメントバイアウト

コンテンツ

企業が証券取引所へ上場している場合、経営を立て直す時などにマネジメントバイアウトを行うことがあります。マネジメントバイアウトは、企業の経営陣が上場株式をすべて買い取ることで一旦上場を廃止することになります。しかし、その後に会社売却をする訳ではありません。企業では上場をしていると株主の目があり、大胆な経営改革ができないことが起こるためにマネジメントバイアウトに踏み切ってから経営改革に取り組むことがあります。また、株式市場に上場をしていると様々な開示書類を提出する必要が生じますが、この費用が重くなっているためにマネジメントバイアウトをする場合も出ています。さらに上場していると、
他社にM&Aを仕掛けられることが脅威になっている場合にも、この手法が取られることがあります。

お役立ち情報

マネジメントバイアウトをした企業では、アメリカのパソコンメーカーがあります。パソコンメーカーはスマートフォンやタブレットの普及によって、会社売却の噂が出るほどに経営が悪化していました。そのため、経営を一気に立て直すためにマネジメントバイアウトを実行しています。また、日本では上場している出版会社がマネジメントバイアウトを行ったことがあります。この出版会社は、他社にM&Aをされてしまうほどに株式の保有比率を高められたことがあるために上場廃止に踏み切りました。他にも居酒屋チェーンなどがマネジメントバイアウトをした上で、数年後に再び上場をしたことがあります。しかし、一度上場を廃止すると、投資家の信頼を再び得ることは難しい一面があることも忘れてはなりません。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る