マンデートとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

マンデート

コンテンツ

M&Aは事業の多角化や効率化を狙う上で非常に効果的な手段となりえますが、実際にはそれを完遂させるまでには様々な知識が必要となります。
これは買収を行おうとする買い手側にとっても、会社売却を行おうとする売り手側にとっても同様のことです。
今日においてはM&Aなどに特化した事業者が多数登場しており、そうした様々な知識をもつアドバイザーや仲介者を立て、その担当者に委任状を渡すことによって、M&Aをより効率的に進めてもらうことが可能となっています。
このアドバイザーや仲介者に対して依頼者が渡す委任状が「マンデート」と呼ばれるものです。
「マンデートを持っている」といったように使われる場合もありますが、これは委任状をもっている、つまり依頼主と正式にアドバイザリー契約と呼ばれる契約を締結している、という意味になるといえます。

お役立ち情報

M&Aにおいては非常に専門的な知識を要しますが、実際に完了させるまでには様々な過程を経る必要があります。
ですがオープニングからクロージングにいたるまでの間、M&Aに必要となる知識が膨大であるために生まれたのが仲介業者やアドバイザー業者ということになります。
こうした事業者に対してマンデートを渡し、M&A終了までを仲介してもらうということは買い手にしろ売り手にしろ、大きな意味を持ちます。
買い手にとっては情報の作成や収集の際、マンデートを渡した担当者に作業を依頼することによって客観的な判断を行ってもらうことを可能にし、本来確認できたはずのリスクを見落とすということを防ぐことが出来ます。
対して売り手にとっては会社売却に出した自社の価値を適正に判断しつつ、経験や知識に基づいた観点からアドバイスを受けたり、情報の提供などを行ってもらうことによって、買い手との交渉を対等に行うことができるようになるでしょう。
ですがこうした効果は、しっかりとした知識を持つ業者に依頼をしなくてはなりません。
M&Aの業務の仲介を事業者に依頼する際は、その事業者がマンデートを渡すに相応しいか、客観的かつ公正な判断が必要です。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る