デューデリジェンス(DD)とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

デューデリジェンス(DD)

コンテンツ

デューデリジェンス(DD)とは、日本語にすると「適正な評価」という意味になり、会社売却側の企業について、買収する側が、その企業自体や事業についての資料を分析および検討し、必要に応じて担当者からの聞き取りなどを行うことなどで、企業の実態を把握することをいいます。
デューデリジェンス(DD)を行う目的は、M&Aを行うか否かを最終的に判断するためと、買収するに当たっての条件を決定付けることにあります。デューデリジェンス(DD)の結果として不適切な取引が過去にあったとすると、過去に販売した商品の返品リスクを負うこととなったり、販売網を有効活用できなくなったり、本社の信用にもかかわってくるなどのリスクがあるため、そのような自体を見極めることを目的としています。

お役立ち情報

デューデリジェンス(DD)の結果を受けてM&Aの契約を解消するべき重要な問題が見つからなければ、締結するための最終契約交渉に移ることとなります。その際には、デューデリジェンス(DD)で判明した改善すべき点に対する改善策、取引実行の前提条件、会社売却を行う企業と会社買収を行う企業双方が契約締結までに行う両者の義務などが定められるのが通例です。
デューデリジェンス(DD)後の最終契約締結では、そこまでの過程で判明した問題点を価格交渉の材料としたり、契約書上で何か穴埋めを行うのがよく見られます。それまでにこれらに関する手続きの準備期間として、問題点の解決を見極めるための確認期間が両者の間で決められることも多くあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る