LBOとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

LBO

コンテンツ

LBOとは、M&Aの一例であり、会社売却にかかる資金の一部を、売却する側の資産価値や将来のキャッシュフローを担保として調達する方法です。特に日本におけるMBOにおいては、買収する側が資金をすべて調達できることは少ないため、金融機関からの借り入れによって資金を調達することが主ですので、LBOを用いて資金を調達することが多くなっています。つまり、MBOはLBOのなかで、現在の経営陣などが一部の資金を提供して、会社買収・会社売却に参加する形態と位置づけることができます。M&Aに成功した後には、見込みどおりの利益を獲得すると同時に、それにかかっている借入金の返済を滞ることなく行わなくてはいけないことを意識して実行する必要があります。

お役立ち情報

LBOは、買収する側が自己資金をレバレッジとして、それに借入金を組み合わせることによって、元手が少ない場合でも大型の会社買収を行うことができることと、他人資本である借入金を多く用いることによって、経営陣などによる投資の効率を高められるという利点があります。
その一方で、会社売却した企業の業績が予想外に落ち込んでしまった場合には、買収資金として調達した借入金を予定通り返済する見込みがたたなくなり、債務不履行に陥る危険性もあります。
そのため、LBOはM&Aを行う中でも、比較的業績見通しが立てやすい企業を標的に行うべき手法といえます。その意味で、MBOではその主体が現経営陣などその事業に精通していることが多いため、LBOに適しているといえます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る