競業避止義務とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

競業避止義務

コンテンツ

M&Aにおける競業避止義務とは、社員が就業しているにもかかわらず、その企業と競合する企業または組織に在籍することを行ってはならないという義務です。言わば所属している企業と競合する企業を同時に掛け持ちすることとなるため、技術流出や機密漏洩の恐れへの懸念からこれらの行為を組織の一員として禁止されています。また、自身が所属する企業と競合するような会社を自ら設立することも禁止されています。これは労働契約における信義誠実の原則に基づく付随的義務とみなされます。会社売却の売り手側の企業に所属し、M&A交渉の情報に接することが出来る身分や地位にある社員は、自らの利益のためにその情報を用いて競合する行為を行うことを禁止されています。

お役立ち情報

M&A交渉が最終合意に達すると、いよいよ企業買収が最終段階を迎えます。後は事務的な手続きを残すところという段階にあります。さて、ここで気になるのが売り手側の従業員の待遇についてです。M&Aと言うのは投資目的で行われるため、必ずしも買い手側が売り手側の会社の従業員の現在の地位や待遇を保証するものではないのです。M&Aでは会社売却に際して、企業価値の一部として人材も評価の対象となります。よって当然のことながら売り手側の企業の従業員に対しては選別が行われることとなります。そこで注意したいのが競業避止義務です。M&Aが完了するまでは、従業員は労働契約の信義誠実の原則に基づき、競合する企業への転職や起業は禁止されています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る