クロスボーダーとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

クロスボーダー

コンテンツ

クロスボーダーには「国境を越えて行う」という意味があります。M&A市場においては、国内の企業と海外の企業といった国際間のM&A取引を指します。海外企業に対して日本企業が会社売却を行うOut-Inと日本の企業が海外の企業を買収するIn-Outがあります。2011年前後から日本の企業が行うクロスボーダーが盛んとなりました。円高であれば為替がその影響を受け、海外企業買収の買い得感が増します。また大企業となれば、国内市場だけでは頭打ちは必至であり、日本市場から世界市場へ視野を広げる必要に迫られています。M&Aによって市場と販路の開拓、その土地にマッチした戦略のノウハウ、のれんなどを購買するということの有益性が、クロスボーダーM&A活発化に現れています。

お役立ち情報

クロスボーダーM&A案件においては、国際税務への対応と適応が必務です。租税条約や外国減税控除、過少資本税制、タックスヘイブン対策税制などがそれにあたります。買収資金を調達した場所と、実際に事業活動を行う地域が違えば、事業活動によって発生するキャッシュフローを、買収資金を調達した調達地に戻さなくてはなりません。この時に大きな税負担が生まれてしまう可能性もあります。クロスボーダーM&A案件の成功には、国際税務を考慮した最適な税務ストラクチャーの構築が不可欠要素となります。特に会社売却を行う際よりも会社買収を行う場合のほうが、国際税務に関して慎重を期す場面は多くなります。欧米の金融機関は荒れていますので、欧米企業は資金力が弱まっています。日本は比較的資金が潤沢であり、経営者の意思決定が容易な傾向にあることが大型のクロスボーダーM&Aの成功につながっています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る