交付金合併とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

交付金合併

コンテンツ

M&A(会社売却)の交付金合併は、吸収合併をする際の形の1つです。吸収合併をする際の合併対価として金銭だけを交付する合併形態のことを言います。合併対価というのは消滅する会社の株主に渡す対価のことです。2006年に施行された会社法によってこの交付金合併が可能となりました。キャッシュアウトマネージャーという呼び方もします。これを行うことによって存続する会社の株主の出資比率が維持可能になります。

合併率の計算をする際に端数の処理を簡単に行うために合併されて消滅する会社の株主に対して金銭を交付するという仕組みです。このお金は合併比率のきりがいい数字にまとめることを目的として使われるのですが、合併比率を計算するに当たっては、合併されて消滅する会社の最終年度の利益も考慮して、最終配当の具合によって支払いが行われるケースもあります。

お役立ち情報

M&A(会社売却)の交付金合併は、合併会社の株主に合併交付金が支払われることはないのが特徴です。合併交付金を考える際に出てくる合併比率ですが、これは消滅する会社の株主に対しての存続会社の株式の割当比率のことです。消滅する会社の株主に支払われるお金と一緒に合併条件としてしられています。合併比率は一定の日の今の合併答辞会社の収益力がどれくらいあるのか、そして比率や純資産なども考慮したうえで決められます。合併答辞会社の決算期が違っている場合に利益配当の調整をするために合併交付金は支払われることが多いですが合併時に消滅する会社の株主に、合併法人の株主は渡さずに、全て交付金で渡すこともあります。

合併交付金は資本取引となりますので、税務上は損金という計上はしません。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る