コストアプローチとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

コストアプローチ

コンテンツ

コストアプローチとは、M&A時に置ける企業価値評価方法のひとつです。算定方法の類型は3つに分けることが可能で、「インカムアプローチ」「マーケットアプローチ」そしてこの「コストアプローチ」となります。会社売却の対象となる企業の賃借対照表をもとに、資産と負債の差額を株主価値とします。企業が持っている実態資産の価値が、すなわち株主の持分だという考え方から成り立ちます。M&Aの検討にはこの3つのうちに適合性が高い評価方法を選択しますが、場合によっては複数組み合わせることもあります。コストアプローチは対象企業が不動産業を営み、資産そのものに価値が見出さるような業種であれば用いるに適した選定方法です。とは言えこれだけで評価するとは限りません。

お役立ち情報

M&Aを検討する際のコストアプローチにおいては、主に簿価純資産法、時価純資産法を一般的には用います。簿価純資産法とは、適正な会計処理が行われている賃借対照表であれば、そのまま用います。資産から負債を差し引いて、価値を求めます。しかし小規模の非上場会社では、財務諸表が税務ベースで作成されていたり、含み益が大きな資産を保有している、子会社が数多く存在するにもかかわらず連結財務諸表は作成されていないといったケースもあります。そのようなときには資産項目や負債項目を時価評価することで、その差額から価値決定を行う時価純資産法を用いることが妥当とされます。含み損益に関しては、「精算法」と「再調達法」があります。このような面から見ると、コストアプローチ法による企業価値の評価は、技術力やノウハウを重要視されるような業種の会社売却価格を設定するための価値評価には適きさないと判断できます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る