国際財務報告基準とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

国際財務報告基準

コンテンツ

M&Aなどが行われることが多くなった現在では、日本国内に関する知識にとどまらず、国際的な知識も必要となります。特に、国際財務報告基準というものについて、きちんと理解しておかなければなりません。

国際財務報告基準は、国際会計基準・IFRSとも呼ばれていて、国際的な会計基準として適用されています。アメリカ合衆国では一般的となっていた会計基準ですが、日本では、最近になって取り入れる動きが出てきました。

現時点では、日本で国際財務報告基準を完全に導入するところにまでは至っていません。適切な対応について、話し合い・議論が進められている最中なのです。M&Aが活発化している中で、議論を深めていくことが重要です。

お役立ち情報

M&A、企業買収、会社売却など、複数の企業が関わる手続きが増えています。このような手続きは、特別な知識を必要とするものなので、関係者はきちんと知識を身につけなければなりません。とりわけ現在では、国際的な取り引きが増えてきたことで、国際財務報告基準のような国際的な知識が必要不可欠になっています。

国際財務報告基準に関する知識は、特に経理・財務の担当者が身につけておくべきです。日本では、国際財務報告基準の取り扱いについて、議論が続けられているところなのですが、これから本格的に国際財務報告基準が導入された際に、戸惑うことのないよう、準備を整えていかなければなりません。M&Aに適切な対処をするため、非常に重要なことです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る