期待収益率とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

期待収益率

コンテンツ

M&Aにおいては会社売却が行われている企業の中から、どのような企業を買収するかということを様々な観点から分析し、決定を下します
自社が行っている事業の関連性なども非常に重視されますが、同様に重視されることとなるのが「期待収益率」という数字です。
この数値は売却に出ている会社を購入するのに必要となったコストと、実際に運用していくに当たって生み出されるであろう収益の数値を比較して計算が行われますが、計算した結果に出た数値が高ければ高いほど、一般的にはその会社は購入する価値のある物件とみなされ、低ければ低いほどリスキーな物件であると判断されることとなります。
「期待リターン」や「要求収益率」などとよばれることもありますが、意味的にはあまり差異はないものと考えて良いでしょう。

お役立ち情報

期待収益率は会社売却に出ている会社の中から、どの会社を購入するかということを決定するのに非常に重要な数値となっています。
ですがこの期待収益率が高いからといって、必ず買い手が大量につくというわけではないことには注意が必要です。
M&Aを行うという意図は基本的に、自社にとって利益が出るような会社を求めているために行うことです。
そして短期的に見れば、利益を出す事業というものは自社が既に行っている事業とある程度の関連性がある事業となります。
全く関連性の無い事業に対して手を出すということは非常にリスキーな行為となりますので、あくまでも期待収益率はその会社売却に出ている企業の事業や資源が、自社の事業や資源とマッチしているかどうかといったことを判断した後で確認するものとなるのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る