基本合意書とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

基本合意書

コンテンツ

M&Aにおいて売手と買手双方の基本的な合意に至った際に作成するのが基本合意書です。M&Aでは会社の売却や合併を行うことが決まると、双方の交渉が始まります。その過程で西部において双方の合意が得られれば、交渉も順調に進んでいきます。会社売却に関して双方が基本的合意に達した時点で、基本合意書が作成されます。大手企業のM&Aの場合には経済的影響力を考えてこの時点で広報担当者によるプレスリリースがなされます。基本合意書には、買収形態とその範囲、買収価格の明記、さらにはこの時点で売り手が買手に対して独占交渉権を付与することが通例となっています。競合する相手がいなくなるため、双方に対し秘密保持契約と善管注意義務が発生します。

お役立ち情報

会社売却において最も関心を集めるのが買収価格です。大手企業の買収劇の場合には、特にいくらで企業買収がなされるかに多大な関心が寄せられることとなります。それが明記されているのが基本合意書です。大手企業同士の合併や買収では、基本合意に達するとメディア向けに買収価格が発表されます。それを受けて投資家や経済人がコンゴの方針を考える指針にします。M&Aの買収にかかる交渉が順調に進めば、基本合意書を作成した時点で、投資家が関心を示すことが出来るような概要を発表することができます。ただ、双方が合意に達しない場合には競合する起業がいくつも存在する状態なのでそのまま多角的かつ条件の良いM&Aの交渉が行われます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る