基本合意とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

基本合意

コンテンツ

M&Aは今や企業活動において積極的に行われています。会社売却や合併の過程においては合意に向けて多種多様な交渉が行われます。その過程で基本合意に達することができた、投稿症の段階があります。メディアなどでは大企業の買収や合併の際には、この基本合意の段階で大きく報道されることとなります。基本合意の定義とは、譲渡対象範囲や金額において双方の会社が合意し、それを示す文書を取り交わす段階に達したという意味です。会社売却においては、売り手が買手に対して独占交渉権を付与することが一般的とされ、あとは合意事項に基づいてさらなく交渉や事務手続き、書面での手続きが進められ、最終的にM&Aが完成することに至るのです。

お役立ち情報

現在、企業活動においてはM&Aが活発に行われています。企業側も生き残りに必死なので、利益があると判断すれば会社売却や会社の合併を積極的に行います。M&Aには必ず売手と買手があります。会社売却の場合、その交渉過程において株式や譲渡範囲に関する細かな詰めを行っていきます。双方が基本合意に達した時点で、大企業であれば世界に向けてM&Aの基本合意に達したことを大々的に発表するのが通例です。また、基本合意に至る過程において双方が文書を作成します。その後、売却をする会社は書いての企業に対して独占交渉権並びに秘密保持契約を結びます。メディアで買収額が発表される場合には、すでに買収価格まで合意に至っているためです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る