企業再生ファンドとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

企業再生ファンド

コンテンツ

企業再生ファンドとは、債務超過など財務的に危機に陥った企業の立て直しを目的として、投資家から資金を集めて作られる資金プール、すなわちファンドのことです。対象となる企業は、本業では利益を上げていながら過剰な債務が不良債権化している場合や、技術的に非常に優れていていて将来性があるのだけれども、資金繰りがうまくいかず、危機に直面している、といった企業です。具体的に企業再生ファンドが対象世なる企業に何をするか、というと再生可能な企業に対して資本を投下して資金面で支える場合や経営陣を送り込んでビジネスモデルの側から支援する場合があります。再生ファンドに投資した投資家にはその対象企業が再生したとき、M&Aなどによる会社売却でえた利益が還元される場合や株式や債券などの売却による利益があります。

お役立ち情報

基本的には企業は銀行や、信用金庫などといった金融機関からお金を借りてきて事業資金としてますが、その企業の技術的な力量に関わらず、過去の過剰投資などの焦げ付き、取引先の債権が回収できない、といった場合、今度はその企業に銀行が融資をしなくなってしまいます。そのようなときに、その企業が再生する見込みがあれば、企業再生ファンドが立ち上げられ立て直しが図られます。投資家サイドとしては、対象企業が再建した場合にM&Aなどによる会社売却の利益と株や債券などの売却益を望むわけで、通常の株式投資などのように売上高や財務諸表といったものとは関係なく、その対象企業の将来性に投資するということになります。また、最近では中小企業を対象に地方地自体と銀行による企業再生ファンドといったものも検討されています。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る