企業概要書とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

企業概要書

コンテンツ

買い手と売り手が友好的にM&Aを完了させるためには、会社買収を行う側と会社売却を行う側の双方が様々な面において協力をしなくてはなりません。
中でも企業概要書と呼ばれる書類は、M&Aが開始される段階において非常に重要な意味を持ちます。
企業概要書はその名が示す通り、これから売却・譲渡が行われようとしている企業に関する詳細な情報や、企業の買収を行うことによって買い手となる企業にとってどのようなメリットがあるのかといったようなことを記載した書類です。
売り手となる企業の沿革や事業内容、財務状況や保有する資産に関する情報などがまとめられており、買い手はまず企業概要書に記載されている内容を見て、どのように検討していくかの方針を立てていくこととなります。

お役立ち情報

企業概要書は基本的に、買い手と売り手の双方において秘密保持契約が締結された後に作成・譲渡が行われるものです。
会社売却を行うということには、取引先へ与えるマイナスの印象や従業員の不安など、売り手にとって様々なリスクが発生する要因ともなりえますので、M&Aが行われる際は殆どの場合、秘密保持条約が必要となるのです。
秘密保持条約が結ばれたあとで渡される企業概要書はこれから譲渡される企業の魅力などが記された書類となるため、売り手はなるべく自社の魅力が効果的に伝わることを目標として書類を作成します。
ですが何よりも注意しなくてはならないのが、ここで主観的なデータを過度に盛り込まないということです。
M&Aが友好的・効果的に完了するのに必要となるのは、客観的に見てその買収は双方にとって有益かどうかという情報です。
当然ながら買い手もこうした企業概要書が渡され、買収の意志が継続して存在する場合にはより詳細に企業のことを調査することとなるため、企業概要書があまりにも主観的な場合は買い手に対して不信感を与えることにもつながりかねません。
売り手は買い手が必要としている情報を客観的に分析し、渡す必要があります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る