継続所有義務とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

継続所有義務

コンテンツ

会社売却やM&Aのように、複雑な手続きを進めたい場合は、会社売却やM&Aに直接関わる知識だけを習得するのでは不十分です。会社売却・M&Aに付随する数多くの知識を身につけることで、効率的に手続きを進めることが可能になります。たとえば、継続所有義務のような義務について、正しく理解しなければなりません。

継続所有義務というのは、新株を購入した際、一定の期間は、その新株を売却したりせず、継続的に保有していなければならないという義務のことを指します。株式を公開する際、株主が一斉に保有している株式を売却してしまうと、株価の下落を招く可能性があるため、それを防ぐために継続所有義務という義務を設けていることが多いのです。

お役立ち情報

会社・企業の活動には、一般的な営業活動だけでなく、会社売却・M&Aなど、買収に関わる活動も含まれます。会社売却・M&Aなどを行う際は、通常の企業活動を行っている時とは異なる注意点があるため、きちんと知識を身につけなければなりません。特に、株式に関して、さまざまな義務が設けられていることがあるので、正確に理解しておく必要があるのです。

特に重要な義務として上げられるのは、継続所有義務という義務です。株式を所有している人は、原則として、自由に売ったり買ったりすることができることになっています。しかし、常に自由が認められているわけではなく、継続所有義務という義務が課せられるケースがあることを意識しなければなりません。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る