経営承継法とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

経営承継法

コンテンツ

経営承継法は正式には中小企業経営承継円滑法といい、事業承継円滑化のための支援策の基礎とされる法律です。相続税の課税についての措置、民法の特例、金融支援の3本柱で構成されます。経営承継法の利用によりM&Aによる会社売却などをしなくても円滑に経営を承継できる可能性があります。
遺留分は非後継者が減殺請求をすると会社の財産が分散してしまい、そのため事業が立ちいかなくなることが考えらえます。そのため経営承継法で相続人全員で自社株式につき遺留分算定の基礎から除外する旨の合意をして経済産業大臣の確認を受け家庭裁判所の許可を受けた場合には、除外した自社株式をないものとして遺留分を計算することになります。これにより事業の継続が可能になります。

お役立ち情報

会社の経営を後継者に引き継ぐには大きく分けて3つの方法があります。まず、親族への承継です。遺言を活用して後継者に株式を集中させるのが一般的です。この場合は他の親族の遺留分を考慮する必要があります。次に従業員などへの承継です。会社法上の制度を利用して後継者に株式を集中させます。譲渡制限株式の譲渡、議決制限株式の譲渡などがあります。3番目はM&Aによって会社売却をする方法です。M&Aには合併、株式交換、営業譲渡などの種類があります。

経営承継法により自社株式をないものとして遺留分を計算すること以外に、生前贈与株式の評価額を固定できることができます。経済産業大臣の確認を受け裁判所の許可を受けた場合には相続時ではなく贈与を受けた時の株価に固定して遺留分を計算できるのです。これによりスムーズな経営の承継が可能になります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る