経営改善計画書とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

経営改善計画書

コンテンツ

金融機関からの借入を行うとき、経営改善計画書の提出、もしくは作成を求められることがよくあります。
この場合は、貸付先の業績に不安があり、貸付金の回収の確実性に疑問があるときに要求されるものですから、どちらかというと、短期の経営改善計画書になります。
片や、M&Aで会社売却をするときには、自社の経営状態を現在以上に改善する方法に関して、具体的な数値を盛り込んで計画した書類のことを意味します。
経営環境の変化に対応し、一層の業績拡大や利益の増加、生産性向上を企図して作ります。
5W1Hでもって、明確に数値化した計画である必要があります。
ですから、中期的、あるいは長期的なスパンでの経営改善計画書となります。

お役立ち情報

さて、M&Aにて会社売却するにあたり、買取希望者が納得するような経営改善計画書を作成しておくと、M&A交渉は非常に有利に進められます。
経営改善計画書を作成するにあたって重要なポイントは、今後、どのような方向に進んでくのか、そのための具体的な動きをどのようにやっていくのか、というシナリオなのです。
その結果として、経営改善のための営為によって得られるはずの結果が数字なのです。
決して、数字合わせをするのではありません。
逆に言うと、このシナリオさえ適切に用意できていれば、経営改善計画書は完成したも同然です。
このシナリオに、期間目標を数字で入れれば、ちゃんと根拠のある経営改善計画書が出来上がります。
自分の会社をどんなステージまで持っていくかの行程表を明確にしておくことは、会社売却するにあたって、ゆるがせにできない業務なのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る