監査法人とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

監査法人

コンテンツ

監査法人とは、依頼された企業の財務関係の書類を監査し、書類の妥当性を証明するため、公認会計士が数名以上集まって設立する特殊法人です。小さな企業であっても2~3名、大企業では10名以上がチームを組んで行います。
会社売却の際に買い手が実態を把握するために行うもので、通常、売り手と買い手が最終合意に向けてお互いに協力し合うことを約束する基本合意締結後に行われます。監査法人は、各種法令に照らし合わせながら、M&Aのための資料として綿密にチェックします。M&Aの検討資料は財務諸表や契約書などがあります。売り手側が提示する書類の正確性を確認するためのものですので、買い手企業は必要範囲で監査法人に依頼することが多いようです。

お役立ち情報

M&Aは合併や買収を指しますが、広い意味では提携まで含める場合もあります。後継者不在であったり、事業の再生に苦心している中小企業が、解決方法の一つとして検討するものです。監査法人による監査が無事に終了して特に問題がなければ、最終契約へと進みます。
監査の目的は、会社売却にあたってビジネスの実態をチェックすることです。チェクポイントは、「買い手のM&Aの目的に適合しているか」、「M&Aによって現在のビジネスにどのような影響がでるか」、「M&Aの目的を実現させるには、どのような点を修正すべきか」といったことです。
監査法人による監査は、売り手企業の規模によりますが、通常は数日かかります。会社売却を従業員に知らせていない場合は、休日に行うこともあります。売り手側が準備する書類としては、決算書、税務申告書、商業登記簿謄本、契約書類など、合わせて25点ほどあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る