買戻条項とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

買戻条項

コンテンツ

M&A(会社売却)の買戻条項とは、売買契約を締結させるときに、一定の場合に対象となるものを売主が買主から買戻す旨の特約をつけることがあります。その条項のことを買戻条項と呼んでいます。

不動産売買契約の場合には、民法の579以下に規定が記載されていますが、不動産売買以外でも買戻特約をつけることができるのでM&A取引においても有効です。M&A取引では経営権が移動し、権利関係が複雑になりますので、クロージングをしてからの解除や買戻し特約がつくことはほとんどありませんが、まれにつくこともあります。

上場を目指したいたけれど、それが絶望的になった場合にベンチャー企業や、ベンチャーキャピタルなどの投資家から株式を買戻す義務でもあります。

お役立ち情報

M&A(会社売却)における買戻条項ではベンチャー企業がベンチャーキャピタルから投資を受けるときに、締結する投資契約の中に組み込まれることが大半です。上場を目指すベンチャー企業が上場できないとわかったときに買戻すことになります。

しかし上場が絶望的になった際の会社は買戻し業務を履行する力にかけるケースが大半で、結局は買戻条項は義務と入っても有名無実になることのほうが大半です。買い手も買戻条項を契約書内に盛り込むことによって収益の安定化を図ることができますし、将来の買戻しを約束しているわけですから投資のリスクについて軽減できるメリットもあります。買戻をすれば事業継続をすることができ、会社が体力を取り戻すきかっけになることもあります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る