株式公開とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

株式公開

コンテンツ

会社を起業してから事業が軌道に乗ってくると、新たに大規模な経営資金が必要になってくることがあります。そこで、会社の経営者は株式市場に上場して株式公開をすることで、大きな経営資金を手にすることが可能となってきます。株式公開をして得た資金は会社の成長分野などに投資をしていくことで、業績のさらなる拡大を図っていくことになります。ベンチャー企業の中では、株式公開を行った後は同じ業界の大手企業に会社売却をしてしまい、また自分は新たな事業を起こすという人も存在しています。しかし、ほとんどの場合は株式公開をすることは、さらなる業績の飛躍を図ることを目的としてしています。とはいえ、新興企業は会社が成長する過程において、大手の企業グループにM&Aをされる場合も出てきます。

お役立ち情報

かつての日本の株式市場では、企業が株式公開を果たすに起業をしてから10年以上の長い期間が必要になることが少なくありませんでした。しかし、近年では新興市場の整備が進んだことで、起業してから3年程度で株式公開を実現する企業も出てきています。とくに成長分野であるIT企業では、株式公開まで数年しか経過していない場合が増えています。IT企業などでは、株式公開を機に企業の知名度が上がることがあります。企業の知名度が上がると、人材を採用するときも優秀な人が集まりやすくなります。また、企業の知名度が上がると大手の企業に会社売却やM&Aの提案を受けたりしやすくなる面も出てきます。M&Aにおいては大手のグループ企業になることで、さらに知名度が増すことに繋がる場合があります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る