株式価値とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

株式価値

コンテンツ

M&Aにおける株式価値とは、英語でEquity Valueと表記され、その略語としてEQVと表記されることが多いです。その上で株式価値について定義を行うとするならば、対象会社の株式における株主が保有する文を株式価値として定義されます。会社売却を行う過程では、売却対象の会社の勝ちを総合的に判断して買収額が決定されます。会社に対する評価が高ければ高いほど買収額は跳ね上がります。その内訳を構成するのが株式価値であり、企業価値を大きく左右するものであります。企業評価を行う上で重要なのが、起業の資本金と純資産です。起業として利益が出せていれば、資本金に剰余金が上乗せされて純資産の総額が増加する仕組みです。

お役立ち情報

M&Aによる会社売却を行う過程において、買収をする側と売り手側の会社で多様な交渉が行われます。その過程で双方の関心が最も高いのが企業価値についてです。企業価値には株主が保有する株式も含まれ、専門用語では株式価値として起業の売却額の評価に影響を与えます。価値のある会社であればそれだけ株式の価値も高くなります。企業価値の算出方法については、資本金と会社の収益である剰余金が上乗せされた総額を純資産とみなされます。企業収益が大きければ大きいほど純資産も大きくなることから、企業価値が高く評価されます。企業においては一般的に銀行からの融資を受けて借金がありますが、それも純資産に含まれて評価の対象となります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る