株式譲渡所得とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

株式譲渡所得

コンテンツ

株式譲渡所得とは、持っていた株式を売却した時に出る利益のことです。そして、売却価格から売却のためにかかった費用や取得価格を差し引いた金額のことをいいます。また、M&Aによって企業の合併や買収が行われる際に、買収する企業の株式を買収することによって、子会社化する方法もあります。そして、その場合、買収された企業が、自社の持ち株を売却するということは、すなわち会社売却したことと同じ意味を持ちます。また、買収された企業が株式を売却した時の利益である株式譲渡所得も、申告する必要があります。それから、株式譲渡所得に一定の税率が課せられることになり、その分の税金を国に納める必要が出てきます。それは、他の投資家が株式を売却した時も同様に、納税の義務が発生します。

お役立ち情報

M&Aとは、企業の合併や買収の意味です。そして、ここでいう合併とは、複数の企業が法的に一つの企業にまとめられることです。また、合併することによって、相乗効果を期待する場合にも、その手法が用いられます。それに対して、買収とは、企業を丸ごと買い取ることで、買収された企業は会社売却し、経営権も買収者に移ります。そのため、合併と買収の二つの方法は、会社を売却するかどうかという違いがあり、二つの方法は異なっています。そして、買収者が、その企業の持ち株や、その企業の株主などから株を買い占め、ある一定の割合を超えた場合に買収が成立します。そのため、会社売却した企業や株を売却した株主は、株式譲渡所得を得ることになります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る