株式保有特定会社とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

株式保有特定会社

コンテンツ

企業では、さまざまな活動を行っています。特に重要なのは、会社売却やM&Aのように、買収や合併に関わる手続きです。会社売却やM&Aの手続きを行う場合、通常の営業活動とは異なる知識が必要になります。関係者は、十分な知識を身につけることが求められます。

たとえば、特別な評価が必要になる会社として、株式保有特定会社という会社があります。株式を保有している割合の高い会社、保有している資産のほとんどが株式である会社のことを、株式保有特定会社と言います。株式保有特定会社の評価を行う場合は、原則として純資産価額方式という方式によって評価することになります。株式保有特定会社については、通常とは異なる評価方法になることに注意する必要があります。

お役立ち情報

会社売却、M&Aなどの手続きを進める際は、関係する企業の評価をどのように行うかが重要になります。上場企業の場合は、比較的評価することが容易なのですが、非上場の企業の場合は、特別な評価方法を用いることがあるので、きちんと理解しなければなりません。適切な評価を行うことができないと、会社売却やM&Aの手続きがスムーズに進められなくなります。

特に気をつけるべきなのは、株式保有特定会社という会社のケースです。非上場の会社の場合、資産の構成が上場企業と比較して、株式に著しく偏ってしまっていることが多いです。そのため、一般の上場企業などのように評価を行うことは、適切ではないと考えられていて、特別な評価を行わなければなりません。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る