株式移転とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

株式移転

コンテンツ

株式移転は、新しい株式会社を設立し、その会社の株式と既に存在している特定の株式を交換することによって新しい親会社を生み出すことができる制度の事を言います。
M&Aのような既存の株式を買い集めて特定の会社の筆頭株主となるのとはまた異なった一面を持っており、会社売却とも違った一面を持っています。
実際、株式移転が行なわれた場合では、既に存在していた会社は新しく設立されたその会社の100%子会社となります。
株式移転は完全に新しく親会社を設立するための制度でありますので、この移転が終わった後には親会社の方から子会社に対してきちんと株式を株主に対して割り当てるという対策も取っています。
つまり、持ち株会社を簡単に設立できるメリットが存在しているのです。

お役立ち情報

株式移転は、株式交換と勘違いをされてしまうことが多い制度です。
しかし、株式移転と株式交換はM&Aのような会社売却の予防策として実施できるのかどうかで大きな違いがありますので、これらには明確な違いが存在しているのです。
例えば、株式交換というのは他の企業の買収にも使うことができるのですが、株式移転では不可能になっています。
つまり、買収ができないわけです。
また、株式交換というのは合同会社でも行うことができますが、株式移転は株式会社である必要があります。
既存に存在している会社を買収に利用しようとしても株式会社でないのならばこの方法は利用することができませんので、企業の買収対策としては非常に有意義な方法だと言えるのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る