株主代表訴訟とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

株主代表訴訟

コンテンツ

会社売却やM&Aのような手続きが進められることが増えています。会社売却・M&Aは、自由に行うことが認められているわけではありません。株式会社で、会社売却やM&Aを行うことに反対する株主が多い場合は、株主代表訴訟が提起されることもあります。

株主代表訴訟というのは、株主が会社に代理するような形で、取締役が会社に対して負うべき責任を追及する訴訟のことです。取締役が違法な行為をしたことで、会社に対して損害を与えた場合、会社は当該取締役に対して、損害賠償を求めることが可能なのですが、会社が請求をしないことがあります。その場合、株主代表訴訟という形で、株主が損害賠償を求めていくことが認められているのです。

お役立ち情報

企業の経営は、常に安定しているわけではなく、会社売却やM&Aのような手続きによって、合併・買収が行われることがあります。近年では、会社売却・M&Aが頻繁に行われるようになってきました。この際、株式会社の株主が、常に会社売却・M&Aに賛成しているとは限りません。

反対している株主が、取締役の責任を追及するために、株主代表訴訟に踏み切る場合があります。本来、会社の監査役が取締役に対して責任追及をしなければならないのですが、監査役と取締役は近い関係にあるため、請求が行われないことがあるのです。そのため、株主代表訴訟という制度が存在します。

ただし、株主代表訴訟で株主が勝訴しても、取締役が負う責任というのは、株主に対するものではなく、会社に対するものになります。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る