純資産法とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

純資産法

コンテンツ

様々な調査機関が各企業の価値を評価しますが、その際に用いられる方法が純資産法です。M&Aにも載っているのですが、これは単純にその企業が有している資産を評価の対象とする評価方法なのですが、純資産法にも2つの種類があります。1つ目が、単純に資産の価値を絶対的評価によって査定する方法です。ここからさらに2つに分類され、簿価純資産法と時価純資産法があります。この方法が最も査定がしやすく、評価が簡単な方法です。2つ目が、他社との比較を観点においた方法です。この方法を用いると、単純に資産を有しているからといって評価が高くなるとは限りません。ここにも2分類があり、比較対象が類似企業なのか、類似業種なのかがあります。この指標は、会社売却の際にも参考になることがあります。

お役立ち情報

会社価値の査定方法として挙げられる純資産法には様々な種類があり、会社売却にも大きな影響を与える指標でもあります。M&Aでも扱われている言葉であり、基本的には調査機関などが利用するものです。資産の計算方法としては、アプローチの仕方で4パターンあります。まずは、単純な資産の価値から見ていく場合には、簿価なのか時価なのかによって評価が異なります。基本的には、時価の場合には変動があるわけですから、安定性がなくなるので評価は下がります。また、他社との比較から査定を行う場合には、比較対象別に計算されます。比較対象が類似企業であればその企業同士で、比較対象が類似業種ならばその業種間で資産を比較して、その上で必ず比較した会社全てに一定以上の差をつけます。ですから、同程度の評価になることは基本はありません。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る