譲渡承認取締役会とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

譲渡承認取締役会

コンテンツ

譲渡承認取締役会では、株式譲渡制限会社の株主が、取締役会を会社で株式を売却するかどうか決定するために行います。
M&Aなどで会社売却を行うときに、売却する予定の会社が、株式譲渡制限会社の経営上好ましくない場合、否決することができますが、そのようなケースでは会社で株式を買い取るか、会社で新しい買い手を探さなければならないのです。
また、譲渡承認取締役会の決定により可決された場合、会社売却が成立します。
しかし、M&Aで会社を譲渡すると、経営権が買い手側に企業に移ってしまうため、代表者は退任するケースがあります。
さらに、買い手の企業からも新しい代表取締役や執行役員などが派遣されるケースも多く、リタイアする経営者も存在します。

お役立ち情報

M&Aにおける会社売却側の譲渡制限会社にとってのメリットは、会社法の手続きが簡単なことです。株式譲渡の手続きは、譲渡制限会社の譲渡承認取締役会の決定が必要ですが、ほとんどのベンチャー企業や同族企業は譲渡承認期間を取締役会と定めている場合が多く、手続きは難しくありません。また、株を過半数を取得することができれば、経営権を持つことができることや、合併や事業譲渡に比べると買収する会社が持っている契約の関係や、許認可が影響を受けづらいという側面もあります。
しかし、株式取得のためには多額の現金が必要になってくることや、会社を丸ごと買収することになるために、買収資産を選別することができず、偶発債務を遮断することができないというデメリットもあるのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る