譲渡所得税とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

譲渡所得税

コンテンツ

M&A(会社売却)における譲渡所得税ですが、譲渡所得とは、資産の譲渡によって得た所得です。それにかかる税金牙城と所得税です。譲渡所得の対象になる試算は、土地や不動産、借地権、建物、特定の公社債や株式、宝石や骨董品、書画、漁業権、ゴルフ会員権、著作権や土砂などさまざまなものが含まれます。

譲渡所得野対象として貸付金、売掛金といった金銭債権は入りません。資産を譲渡するということは有償で譲渡するか、無償で譲渡するかに関係なく所有資産を移転する行為のことです。一般的な売買以外にも交換したり競売にかけたり、財産分与や法人に対しての現物出資も譲渡にみなします。これらにおいても譲渡があったとして譲渡所得税が発生します。

お役立ち情報

M&A(会社売却)では譲渡所得税がかからない譲渡所得もあります。資産の譲渡の中で所得のうち、これから紹介する所得は所得税がかかりません。生活用動産の譲渡によって得た所得、たとえば家具や自動車、洋服といった一般的に日常生活に必要な動産の譲渡による所得はかかりません。しかし例外もあり貴金属、宝石や骨董で1個または1組の値段が30万円以上の譲渡には所得税がかかります。

強制換価手続きによって資産が競売された場合の所得、これも課税されません。資力を喪失していて、債務弁済をすることが難しい場合の資産の譲渡は課税対象にはなりません。そして公社債権などの譲渡による所得も課税されません。また、財産を相続税の物納に充当した場合の所得も同様です。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る