譲渡制限株式とは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

譲渡制限株式

コンテンツ

譲渡制限株式とは、株式会社が発行している株式に、株式の取得を譲渡した場合において、株式会社の承認が必要となる株式のことを言います。同族会社など、中小企業の会社において、株主の意向や利害などが問題になって会社にとっては好ましくないと思われる人物が株主になるのを拒否できるのが、この上と制限株式の特徴です。M&Aによる思わぬ会社売却、買収を防ぐこともできます。しかし、たとえ譲渡制限株式であっても、株主が投資した紙幣は確実に回収されるべきとし、会社法はこれを保証しています。また、譲渡制限株式の株主は、持っている株式を他人に譲渡する際、会社に対して様々な必要事項を明示して、これを承認するどうかの決定を請求することができます。

お役立ち情報

M譲渡制限株式の株主がM&Aでの会社売却を決めた場合、経営権が買い手に譲渡されます。
その際に、譲渡された会社の代表取締役は退任するケースがあり、買い手側の企業から新しい代表取締役や、執行役員などの人材が派遣されてくる場合が多いのです。そして退任した代表取締役はリタイアしてしまうケースもありますが、会社にとどまり、引継ぎが完了するまでは会長、相談役などの役職で当面の間業務を引き継ぎ、完了した時点で退職というケースもあります。
また、代表者としての地位を保ち、買い手側の企業の経営資源を活用し、企業の成長をさらにスピードアップさせている代表取締役達も存在します。M&Aでの会社売却はデメリットもありますが、メリットも多いにあると言えるのです。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る