IRRとは

無料相談お気軽にお問合せ下さい。

IRR

コンテンツ

M&Aを成功に導くためには、IRRについて知っておく必要があります。IRRとは、投資案件があると仮定した場合に、その案件を実行するかしないかを正しく判断するために必要な指標で、正味現在価値をゼロにする割引率という意味です。
投資の 1 期間あたりの収益率であり,投資額と将来の FCF から算出することが出来ます。
投資額と投資に伴った収益の金額が同額の金額となった場合に0%となって、収益の額が投資した額を上回る場合にプラスとなります。
IRRだけでは良いのか悪いのか判断しづらいので、実際には、資本コストと比較して利用するものです。
例としては、会社の設備投資に対して、毎年一定のキャッシュを回収しその設備、会社売却することになった場合に使用します。

お役立ち情報

IRRはDCFにおける、投資分析ツールで、最初に投資する金額と最終的に回収する金額(売却した金額など)に加えて、期中のキャッシュフローを含めていて、正負におけるキャッシュフローすべてを考えた場合の時間的な価値と再び投資する事を考慮した収益性を示しています。
例としては、会社の設備投資に対して、毎年一定のキャッシュを回収し、その設備、会社売却をすることになった場合にIRRを利用することによって、資本コストより高い場合は、投資する必要があると判断でき、低ければ投資する必要はないと判断する事が出来ます。
M&Aについていろいろと考えることは、経営戦略を考えている事と同じなので、M&Aについて詳しく知ることは、経営する上で大切になっていきます。

M&Aに関する無料査定はこちら

▲TOPに戻る